今どき、二世帯住宅はデメリットだらけ?間取りで後悔しないためには?

MENU

ニ世帯住宅の本音

今どき 二世帯住宅

二世帯住宅を購入しようと思うと、建売にしようか、
それとも注文住宅にしようかと悩みますよね。

 

特に両親が高齢だと、
手すりをつけたり、段差を少なくしたかったり、
バリアフリーにしたいなんて希望もでますし。

 

だけど、子供世帯ではそこまでバリアフリーにする必要はない。

 

このようにお互いの世帯で、
ニーズが違いますよね。

 

子供の世帯では子供が大きくなると子ども部屋が必要になるでしょうし、
子供の数が多いと、それに比例して部屋数が必要になります。

 

子供世帯から同居をもちかけることが多い

 

最近の二世帯住宅は子供世帯が同居をしようと持ちかけるケースが増えています。

 

以前は、親世帯が同居を持ちかけるケースが多かったですが、
最近では子供の世帯から同居をもちかけるようです。

 

理由は共働きが増えたことで、
女性が働いている間は親世帯に子供を預かって欲しいから、
という理由が多いようです。

 

それ以外にも親の介護や、親の老後が心配という理由もあるようです。

 

いざ住んでみると

今どき 二世帯住宅

子供世帯は働いている時間は子供の面倒をみてほしい、
親世帯からすると子供世帯と一緒に暮らすことで、
いざというときの安心感がありますよね?

 

ただ、実際に二世帯で暮らしてみると、
これは想定外!!ということが起きているようです。

 

  • ・思ったよりも干渉される
  • ・自分の時間が作りにくい
  • ・友人を家に呼びにくい
  • ・生活のリズムが合いにくい
  • ・食事の好みが会わない

 

これらが代表的なこんなはずじゃなかったという内容です。

 

たしかに大人数で生活するわけですから、
1人1人のことよりも、多数の意見が優先されがちになりますよね。

 

↓  ↓  ↓

 

こんなニ世帯住宅はイヤ

 

二世帯で暮らす際にそれぞれの世帯で、
希望が違うと思います。

 

たとえば、家の一部を共有したいと考えているご家庭もあれば、
ほとんどを共有しても大丈夫というご家庭もあれば、
最低限の部分だけ共有したい。

 

ご家庭によって、さまざまなパターンがあるはずです。

 

ずっと一緒に暮らすんですから、
できるだけストレスが少なくしたいですよね。

 

あまりに家庭での人間関係のストレスが大きいと、
仕事で疲れて、家でも人間関係で疲れてとなってしまい、
心も身体も休まりませんから。

 

そうならないためには?

今どき 二世帯住宅

まずは親世帯、子供世帯で希望を考えて、
それをすり合わせることをおすすめします。

 

どの程度までお互いのプライバシーを大事にしながら、
暮らしていくのか?

 

キッチンは共有できるのか、
リビングは共有できるのか、
玄関は共有できるのか、
お風呂は一緒に使うのか、などなど。

 

あとでこんなはずではなかった、
と困らないように意見を合わせておきましょう。

 

↓  ↓  ↓

 

間取りとプラン

 

二世帯で住む場合には、間取りが大事になってきます。

 

具体的には完全分離型にするか、
共有型にあるかを選ぶ必要があります。

 

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

 

完全分離型のメリット・デメリット

 

それぞれのプライバシーを確保することができるのが、
最大のメリットです。

 

それ以外にも将来的に、賃貸として貸し出すこともできます。

 

ですが、キッチンやリビング、玄関などを複数作ることになり、
コスト面で高くなります。

 

間取りが多くなるため、坪数も多く必要になります。

 

このあたりはデメリットと言えます。

 

部分共有型のメリット・デメリット

 

キッチンやトイレ、お風呂といった設備を一部共用します。

 

共有する分だけ、コストは下がります。

 

どの設備を共有するかも選べるので、
自由度は比較的高くなります。

 

玄関だけ共有ということもできるので、
共有したくないものはすべて別々にすることもできます。

 

家族関係として考えれば、近すぎず遠すぎずの関係で、
ストレスが少なく暮らせそうですね。

 

完全共有型のメリット・デメリット

 

完全共有型は完全に一緒に暮らすということですね。

 

田舎ではこれが一般的ですが、
プライバシーを保ちにくいのが最大のデメリットです。

 

ですが、玄関やキッチン、リビングなどを全て共有しているので、
コストが他のものに比べて安くなります。

 

家族仲が良いのであれば、完全共有型で問題ないと思います。

 

あなたの家族にとってベストな選択をしよう

 

あなたが二世帯住宅で暮らす際には、
まずはあなたの希望を考えてください。

 

予算の都合もありますから、
すべての希望が叶うことも難しいかと思います。

 

その上で、どの条件は妥協できるのかを決めてください。

 

そうやって考えていけば、失敗したとなることは少ないはずです。

 

そのためにも、まずは情報を集めてください。

 

少ない情報で判断すると、知らない内に損しているケースが多いです。

 

ほとんど場所で、同じ間取りなのに価格が数百万違うなんてこともありますから、
情報を集めなかったことによって、何百万円も損するなんてことがないように、
しっかりと情報収集することをおすすめします。

↓  ↓  ↓